忍者ブログ

低金利で柔軟審査!借りれるカードローン

低金利で柔軟審査!借りれるカードローン

老舗の安心中小キャッシング

キャッシングの金利がどこも似ているのは知っている事ともいえますが、それは利息制限法と言われる規定により最大限の利子が決められているので似たような利息になるのです。

銀行系などはその法律の限度範囲内で独自に決めているので、同じような利息の中でも差異があるサービスを展開しているのです。

その利息制限法とはどんなものか見ていきます。

最初に上限範囲内の利息ですが、10万円未満の貸し付けには年間20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年15%までと設定されていて、その枠を超える利息分は無効となるのです。

無効とはお金を払う必要がないという事です。

でも一昔前は年間25%以上の利率で取り決めする消費者金融業がほとんどでした。

その訳は利息制限法に反則しても罰則規定が無かったためです。

しかも出資法による制限の年29.2%の利子が認められていて、その規定を盾に転ずることは有りませんでした。

実は、利息制限法と出資法の間の利息の差の箇所が「グレーゾーン」と言われているのです。

出資法には罰則が有り、この出資法の上限利息の範囲は超過しないようにきたはずですが、出資法を利用する為には「ローンを受けた者が率先して支払いを行った」という原則です。

この頃、盛んにとりざたされる必要以上の支払いを請求されるものはこのグレーゾーンの利子分を必要以上の支払いとして返却を求める請求です。

法的でも出資法の前提が承認されることはほぼなく、要請が聞き入れられる事が多いと思います。

最近では出資法の上限範囲の利息も利息制限法と一つにまとめられ、それにより貸金業の利率も似たり寄ったりになっているはずです。

万一この事を知らないまま、上限利息を超す契約をしてしまった際でも、その契約そのものが機能しないものとなり、最大の利息以上の金利を支払う必要はありません。

そうであるにも関わらず今だキャッシュバックを求めるようでしたら司法書士か弁護士に相談してください。

そうすることで返済を求めることはなくなるはずです。

総量規制対象外のキャッシング(専業主婦も可能)

誰でも借りれる情報を無料で配信!

PR