忍者ブログ

今一番大手で借りやすい消費者金融です

今一番大手で借りやすい消費者金融です

即日融資可能!収入証明が不要のカードローン

キャッシングしたケースは、返済をする時には金利分を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。

ローン会社は利益を目的とした業者なのですから無論問題ありません。

とは言ってもお金を支払う方は、ちょっとでも少なく払いたいと思うのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が実行される前は年率30%近い利子を払っていましたが、定められてからは高利子でも年間18%位ととっても低く定められていますので、相当リーズナブルになったようです。

現在のキャッシングの金利範囲は4%位から18%位の幅が設けられていて、利用可能額により設けられます。

使用可能額は申込み本人の評価によって影響します。

総量制限により一年の収入の1/3までと決められていますので、収入がどれくらいあるのか?どういう職業なのか?クレジットの利用状態はどうなのか?審査され貸付可能金額としてキャッシングの内容が決まるのです。

カードを使ったローンの場合利用できる額が10万円~800万円(各社で金額は変わります)と広い枠があります。

そうしてその幅の中で決まった使用可能金額により金利も決まってしまいます。

50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった感じになるでしょう。

つまり、信用度が高ければ、与信額も良くなり、利子も低いというわけです。

これに矛盾を受けるのは自分だけでしょうか?余談となってしまいますが、カード会社にとって、これらは当たり前でしょうが、年収の高額な人がキャッシングローンが不可欠とは考えずらいですし、もしもキャッシングサービスを利用したケースでも利息が良かろうが悪かろうが支払いに追い込まれる事はないと思います。

反対に一年の収入良くない人は直ちにお金がほしいから融資を受ける方がほとんどです。

金利が高いとお金の返済に悩むなるはずです。

ですから使用可能範囲の少ない人にこそ低利率で使えるようにすべきです。

これらは使用する自分が置かれている立場としての考えとなります。

この事実を考えると、利率を良くする為にはどうすれば良いのかおぼろげながら分ったと思います。

事実、このようにして手続きを申し込む人が大多数なので紹介しますと、カードローンの申請をする際に、収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で申込みのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればそれだけ利息が良いキャッシングカードを持つことができると思います。

だからと言ってMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないという事はありません。

15万円でも30万円でも必要な額だけ使えます。

そして利用限度枠が300万円で最低利子年率7%位のローン業者も有りますので、その金融会社に手続きをすればその企業の最低利子で利用できるようになるはずです。

どう感じましたか?アプローチを変えるだけで低利息のキャッシングカードを手にすることが出来るのです。

自身の年の収入と金融業者の利率を並べて、考える事に時間を割けば、より望ましい条件で返済ができるはずなので、きちんと調べるようにしてください。

真・審査の甘いカードローン

総量規制対象外の地方銀行系カードローン

PR