忍者ブログ

楽天プレミアムカードは意外に取得が簡単

ポイント還元率が最強のクレジットカード

楽天プレミアムカードは意外に取得が簡単

加盟店舗で全ての契約カードが使用できるわけでもない◇クレジットカードの契約店舗は、ときには5を超えるカードの会社とライセンスを結んでいますが、残念ながらみなの加盟店舗でみなの運営会社の使えるわけでもありません。

例をあげていうと古いタイプの契約店舗の場合だとJCBロゴの入っているそのクレカしか決済不可なときもあるし、今日の契約店舗ではVISAやマスターカードブランドの入っているクレカのみしか決済不可なときもあるでしょう。

ダイナースみたいなクレジットカードなら、もっともっと決済不可なショップが増えるでしょう。

どのようなクレジットカードが使用できるかをいかにして見分けたら良いか「それじゃどのような方法でどの所有クレジットカードが使えるか判断するといいんだろう?」といってはみたものの確実にチェックするのにはそこの店員に聞いてみるのみしかないていうのが実のところその回答です。

とはいっても大体の店やショッピングセンターには目につきやすいスペースに使えるクレジットカードのブランドがプリントされている加盟シールが掲載されている理由から「そっか、あそこのショップはアメリカンエキスプレスカードが使用できるのか」といったことが迷わないようにされてるから記憶にとどめておいてもらえると思います。

とはいっても、ちゃんと管理が行き届いていない加入店で用いる際にはロゴステッカーが掲げられているのに「当店舗ではそのカードは使えません」といったような案内をもらってしまうなどということもあるため、頭が真っ白になってしまう状況に出くわしかねません。

可能な限りより多くの加盟店舗でクレカが決済できるようにしようとすると異なる種類のマーク(インターナショナルな会社)がある一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナーズライフカード、というようなクレカを2枚以上は契約するようにするとよいでしょう(例えば:ニコスカードをすでに持っているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付きのクレカを持つといった方法)。

とりわけ国内においてはVISA、マスターカード、JCBの3つの印が入ったカードを常に使っていれば、おおよそ日本全土の加入店で少なくとも1枚のクレカを提示するようスタンバイOKということになります。

クレカを活用して有効的にポイント取得を目指すならば、早いうちに少なくともこの3枚のクレカを所有しておいて損はないと思います。

業界で一番審査の甘いクレジットカード

簡単に取得できるヤマダ電機カード

PR