忍者ブログ

収入証明が不要のキャッシング

収入証明が不要のキャッシング

審査の甘い銀行系キャッシング

多様にあるお金の借入れの手続きの視点から比較してみると、その審査もいろいろあることが考えられます。

一口に融資と呼んでも、銀行であったり大手のキャッシング会社のものであったり、また闇金融などあります。

これらを比較した際、間違いなく、審査項目が甘い会社、通りづらい会社に分かれてしまいます。

まず、同時にキャッシングする件数は、三社というのが基準です。

お金の借入れ業者が三社以内で、お金の借入れ金額が年間の収入の3分の1以下であれば、銀行系でも審査項目に通る可能性は高いはずです。

金融機関はたいてい借りたお金に対しての利子が少なめに設けられていますので、利用をすることであれば金融機関系がお勧めです。

借り入れ件数がもし四件を超えている際は、銀行系は難しくなるといえます。

なのですが、2006年以降の貸金業規制法や出資法などの法の改正により、利息が引き下げられ、金融機関ではキャッシングがパスしずらい方向にあるのです。

金融機関もで、より一層審査基準に対しては通りづらくなると思います。

また手続きの簡単な会社と人気のキャッシング会社でも、安易に申し込めばよいということでもありません。

もしも、事前にその業者について情報を集めずに申し込み、審査基準に通らなかった時は、その審査項目は個人信用情報機関に保存され、信用情報機関に保存される期間は三ヶ月から六ヶ月です。

その際、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。

汚れたからといって必ず借りられないというわけではないですが、その個人情報を見る会社の手続きには、当然多かれ少なかれ影響があるといっていいでしょう。

大方甘いといわれる審査項目をする会社でも、個人信用情報機関に個人情報が登録されるいることにより融資を受けられなくなるということも起こってくるかもしれません。

元祖・審査の甘い大手キャッシング

審査の甘い消費者金融

PR