忍者ブログ

大手がダメでも中堅・中小のキャッシングで借りれます!

大手がダメでも中堅・中小のキャッシングで借りれます!

無料でこっそり稼ぐ裏情報を教えます

ローンの利子がどこも同じようなのはご存知の事かと思いますが、実は、利息制限法と呼ぶ規則により上限範囲の利子が設けられているためです。

銀行などはその規則の範囲内で別々に設定しているので、似た利息の中でも相違があるようなローンキャッシングサービスを提供しています。

その利息制限法とはどのようなものなのか見ていきます。

まず最初に上限利息ですが、10万円未満のローンキャッシングには20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は15%、までとなっていて、その枠を上回る利率分は無効です。

無効とはお金を払う必要がないといったことです。

それでもかつては年間25%以上の金利で契約する消費者金融会社がほとんどでした。

その訳は利息制限法に反則しても罰則の規定が無かったためです。

更には出資法による上限範囲の29.2%の利子が許可されていて、その規則を盾に転ずることは無かったです。

これらの利息制限法と出資法の間の利息の差の箇所が「グレーゾーン」と言われるものです。

出資法には罰則が有り、この出資法の上限利息の枠は超過しないようにきたはずですが、この出資法を用いる為には「債務者が自主的に返済した」という原則となります。

今、盛んにされている過払い請求はこれらのグレーゾーンの利子分を過払いとして返却を求める要求です。

法律でも出資法の条件が受け入れられることはたいていなく、申し出が認められる事が多いようです。

今日では出資法の最大の利息も利息制限法と統一され、これにより消費者金融会社がの利息も同じようになっているようです。

万一その事に気付かないまま、上限範囲の利息を超える契約をしてしまったとしても、これらの契約そのものがなかったものとなりますので、上限の利息以上の金利を返金する必要はないようです。

そうであるにも関わらず今だ返却を求められる場合には弁護士か司法書士に相談してみてはどうでしょう。

それで請求されることがなくります。

当日融資の人気キャッシング

お金儲けの激裏情報!無料でこっそり教えます

PR