忍者ブログ

即日振込も可能な銀行系カードローン

限度額が最高1000万円!金利が2%台の借りやすいカードローン   ⇒即日振込も可能な銀行系カードローン

借入の返済方式はカード会社各個で随分違いというものがありいろんな方法が選ばれてます。

一般的なところではスライド方法やリボルディング方式などがとられているようです。

こんなほとんどの人が知ってるリボ払ですけれども本当を言えば算定形式にはいろいな方式というものがあるのです。

したがってしかような形式によって引き落し額が変わってきてしまいますから知っておいて損することはないはずです。

じゃあ易しくそれぞれの形式の違いを説明します。

一つ目は元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いというものです。

それぞれその名のとおり、元金について均一にして支払っていくのと元本と金利についてを全部で均等に払っていこうという形式です。

このケースではもしや10万円借り入れたとして、実際のところどんな算定をしていくのかやってみましょう。

利息については両方とも15%と仮定して計算します。

それからリボルディング払の支払額は1万円と仮定し考えます。

まず元金均等払いのほうからです。

かかる折の1度目の引き落しについては1万円に対して利子分の1250円を加えた額となります。

その次の支払いに関しては1万円に利率分の1125円を合計した返済へとなるのです。

こうして総回数10回で支払いを済ませるといった方法となります。

他方元利均等払いは初回の支払については1万円で元金へ8750円、利子に1250円という感じで割り振ります。

その次の返済に関しては元本が8750円に減った状態で金利を勘定しその1万円を更にまた分配するのです。

詰まるところ元利均等払いのケースは10回で返済が終了しないという勘定になります。

こればかりのずれで二者がどれほど変わってるのかがたっぷりとわかったと思います。

元利均等とは元金均等に比べて、明白に元本が減少するのが遅くなっているというようなデメリットというのがあります。

別言すれば利率を多く払うといったことになります。

一方ではじめの支払が小さな額で済むといった長所もあります。

こういう返済方式についてのずれに応じて、支払額というものは違ってくるので自分の嗜好に応じた使い方を採用するようにしていきましょう。

銀行系の借りやすい低金利キャッシング

3.5%~の低金利でアルバイトも可能!即日融資で審査の甘いキャッシング

PR