忍者ブログ

大手がダメでも中堅・中小のキャッシングで借りれます!

大手がダメでも中堅・中小のキャッシングで借りれます!

2.5%~の低金利ですが審査が甘い銀行系です

融資の利息がどこもよく似ているのは承知している事かと思いますが、利息制限法と言われる規則により上限範囲の利息が決められているので似たような利息になるのです。

消費者金融などはその法律の限度範囲内で個々に設けているので、同じような利息の中でも差異が出るキャッシングサービスを提供しています。

その利息制限法とはどのようになっているのか見ていきたいと思います。

初めに限度範囲内の利息ですが、10万円未満のローンキャッシングには年20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は年間15%までと定められていて、その範囲を超過する利息分は無効となります。

無効とはお金を払う必要がないことです。

それでも昔は年率25%以上の金利で手続きする消費者金融業が大部分でした。

その訳は利息制限法に背いても罰則規制が存在しなかったからです。

さらに出資法による上限利息の年29.2%の利率が許可されていて、その規定を盾に改められることは有りませんでした。

この利息制限法と出資法の間の金利の差の箇所が「グレーゾーン」と言われるものです。

出資法には罰則が存在します。

この法の上限利息は上回らないようにきたようですが、その出資法を有効にする為には「ローンを受けた者が率先してお金を支払った」という大前提です。

この頃、盛んにされている過払い請求はそのグレーゾーンの利息分を過払いとして返金を求める請求です。

法的でも出資法の大前提が聞き入れられることはほとんどなく、要求が認められる事が多いでしょう。

現在では出資法の上限利息も利息制限法と一本化され、このことで消費者金融業の利率も似たようになっているようです。

もしもその事実に気付かないまま、最大の利息を上回る契約をしてしまったとしても、それらの契約自身が機能しないものとなり、上限利息以上の利息を支払う必要はないでしょう。

それでも繰り返しキャッシュバックを求めるようでしたら司法書士か弁護士に相談してみてはどうでしょう。

これで請求されることはなくなります。

当日融資の人気キャッシング

お金儲けの激裏情報!無料でこっそり教えます

PR