忍者ブログ

ツタヤのクレジットカードはフリーターもOKです

ポイント還元率が最強のクレジットカード

ツタヤのクレジットカードはフリーターもOKです

加盟店でいずれものカードが決済可能なのではありません。

:クレカの加入店舗は大抵たくさんのクレジットカードのブランドに入っていますが、残念ながら全ての加盟店で全部の所有クレジットカードが使用できるんではありません。

例をあげれば昔ながらのお店の際だとJCBのロゴの書いてあるカードしか切れない状況もあるし、近頃の店舗の場合VISAやマスターカードといったロゴのついているカードだけしか使用不可なときもあるものです。

銀聯に類するクレジットカード会社の場合にはいっそう決済できないショップが多いでしょう。

どの所有カードが決済可能かというのをどこで見分けたらいいんだろう?「ならばどのような方法で何の所有クレジットカードが切れるかを確かめたらいいのか?」というと、正しく判断するのだったらそこの担当者にお見せしてみるほかないというのが残念ながら正しい回答です。

でも多くの店舗やショッピングセンターには目につきやすいところとかに使用可能なクレカのサインが入った加盟ステッカーが掲示されている理由から「なるほど、そのレストランではMasterCardが決済可能なのだな」ということが一目でわかるようにされてるし記憶にとどめておいてください。

とはいうものの、正確に案内が行き届いていない加入店舗のような場合には印が掲げられているのに「当店舗では何々クレジットカードはお使いいただけません」といったような案内をされるなどということもないわけでもなくメンツを失うようなこともなくもないですね。

やっぱり可能な限りは全ての店舗でクレカが使用できるようにするために別の種類の会社(海外マーク)がある一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、というようなカードを複数持つようにするとよいと思います(例:ニコスカードを使っているなら次はダイナースカードブランドのクレジットカードを財布に入れておくなど)。

国内ではVISA、MasterCard、JCBの3つのカード会社が入っているカードをその都度財布に入れておけば、おおむね100%の加入店で3枚のうち少なくとも1枚のクレカを差し出す機会があります。

カードをいつも財布に忍ばせて有効にカードライフを目指すためには、きっちりとどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

事業者向けの無審査のETCカード☆個人事業主もOKです

激甘審査のクレジットカード

PR