忍者ブログ

限度額が200万円までは所得証明は不要のカードローン

限度額が200万円までは所得証明は不要のカードローン

15分で融資が可能のスマホで借りれる消費者金融

借金に関しての支払方式はローン会社各個で随分違いというものがありまして、多様なやり方がとられてます。

一般的には残高スライド方法やリボルディング法が多く採用されているみたいです。

また斯うした多くの人が聞いたことがあるリボルディング払いですが、実のところ算出手法にはいろいな様式といったものがあったりします。

それ故しかような様式に応じて支払総額が変わってしまうわけですので知っておいて負担になることはないはずです。

それではわかりやすくこれらの形式の相違に関して解説します。

一つは元金均等払い次は元利均等払いです。

それぞれ読んで字のごとく、元本に関して均一にして支払っていくという方式と元金と利息についてを合わせて均一に返済していくという手法になります。

今回のケースではもしや10万円をカードローンをしたとして、いかような算出をするのかみてみましょう。

利回りについてはいずれも15%として試算します。

またリボ払いの支払額を1万円と仮定して算定します。

まず元金均等払いです。

この場合の1度目の引き落しについては1万円に利息分の1250円を合計した支払になります。

次回の返済については1万円へ利息1125円を加えた支払いへとなります。

こういうふうにして10回で支払いを済ませるという様式になります。

他方、元利均等払いというのは1回目の支払に関しては1万円ですが元金に8750円、金利へ1250円というように割り振るのです。

その次の支払いについては元本が8750円減った状態で金利を勘定し1万円をまた割り振りをします。

要するに、元利均等払いのケースは10回で支払が完了しない計算になるのです。

これだけの相違で両者がいかに変わってるのかが十分わかってもらえたことかと思います。

元利均等というのは元金均等に比肩し、もと金が縮小するのが遅くなっているという短所が存在するのです。

即ち金利といったものを余計に返済すると言う状況になるのです。

一方で、最初の支払いが些少な額で済んだというメリットもあります。

かかる返済形式についてのへだたりに呼応して、返済金額は相違してきたりしますので自分の好みに合致した方針をするようにしましょう。

3秒診断の審査の緩いカードローン

審査が10秒でOKの柔軟カードローン





PR