忍者ブログ

即日振込も可能な銀行系カードローン

激甘審査のおまとめローン

即日振込も可能な銀行系カードローン

フリーローンに関しての引き落し内容は、カード会社の方針によってかなり差異というものがあって、多様なやり方が採用されてます。

一般的には残高スライド方式やリボ払い方式などが導入されているみたいです。

かような誰でも知っているリボルディング払ですが本当のところ算定に様々な法というものがあります。

したがってさのごとき手法に応じて支払い金額が変わってしまいますので知っていて損をするようなことはないと思います。

では簡単にこの2つの方法の違いについてを説明します。

最初は元金均等払いで二つめは元利均等払いです。

それぞれそう呼ばれているように元本を均一にして支払っていくという方式と、元金と利息に関してつごうで均分に返済していくという手法です。

今回のケースでは10万円を借りたと設定して実際のところどんなような算出をするのかやってみます。

利息をどっちも15%と仮定して計算します。

更にリボ払などの引き落としは1万円というふうに計算します。

取りあえず元金均等払いです。

こういう時の初回の引き落しに関しては1万円へ利息分の1250円を計上した支払額となります。

次回の返済に関しては1万円へ金利分の1125円を計上した額へとなります。

こういったふうにして全部で10回で支払を終わらせると言う形式です。

これに対して元利均等払いというものは初回の支払いに関しては1万円で元金に8750円利息に1250円といった具合で分配するのです。

次回の引き落しに関しては元本が8750円へと減った状態にて金利を算出し、1万円から再度割り振りをします。

別言すれば、元利均等払いの場合では10回で支払が完済しないといった算定になります。

これだけのへだたりで両方がどれぐらい変わってるのかが十分にわかったことでしょう。

元利均等は元金均等と比肩して明白に元が縮小するのが遅くなっているというような不具合というのがあります。

つまり金利をおおく出すというようなことになったりするのです。

一方1度目の支払いが小さな額で落着するというようなプラスもあったりするのです。

こういった引き落し形式についてのへだたりにより引き落し額というのは変わってきたりしますので自分の返済計画に応じた使用法をするようにしていきましょう。

3秒診断の審査の緩いカードローン

審査が10秒でOKの柔軟カードローン





PR