忍者ブログ

15分で融資が可能のスマホで借りれる消費者金融

限度額が200万円までは所得証明は不要のカードローン

15分で融資が可能のスマホで借りれる消費者金融

借り入れについての支払い内容というものは企業それぞれでだいぶ違いがあり様々な手法が導入されております。

基本的には残高スライド方法やリボルディング払い方式がとられているようです。

またこんな誰でも知っているリボルディング払ですけれども実を言えば勘定様式にはいろんな形式があります。

またしかよう様式によっては支払い合計金額が変わってきてしまいますので、把握しておいて損はないはずです。

それではわかりやすくこの2つのやり方の相違を説明します。

はじめは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。

それぞれその名を冠する通り、元金についてを均一にして支払っていくのと元金と利息をつごうで一様に払っていく形式です。

今回のケースではもし10万円をカードローンをしたと設定して如何様な算出をしていくのかみてみましょう。

利子を双方とも15%と仮定し計算します。

それからリボの金額を1万円と仮定し計算します。

取りあえず元金均等払いからです。

斯様な事例の1回目の引き落しについては1万円に対して利子分1250円を合計した引き落としになります。

その次の支払は1万円に利率の1125円を計上した支払額へとなります。

こういったふうにして10回にて返済をし終えるという方式です。

これに対して元利均等払いは1回目の引き落しは1万円でそこから元金に8750円、利率に1250円といったように割り振ります。

2回目の支払いに関しては元金が8750円減った状態にて利率を勘定して1万円から再び分配します。

要するに元利均等払いのケースは10回で引き落しが完了しないという勘定になってしまうのです。

こればかりの相違で両者がどれぐらい違ってるのかが十分理解してもらえたでしょう。

元利均等は元金均等に比肩してまぎれもなくもと金が減っていくのが緩慢という欠点というのがあったりするのです。

要するに利息を余分に払うといったことになったりするのです。

反面、はじめの支払が少なくて済んでしまったといった強みというものも存在するのです。

斯様な支払い手法についての相違に応じて、引き落し額というのは変わってきたりしますのであなたの返済計画に合った方法を取るようにしましょう。

低金利で審査の甘い地方銀行のカードローン

審査の甘い借り換えローン




PR