忍者ブログ

15分で融資が可能のスマホで借りれる消費者金融

激甘審査のおまとめローン

15分で融資が可能のスマホで借りれる消費者金融

キャッシングサービスについての支払方式というものは、企業の経営方針如何でかなりギャップがあって多様な方法が採用されてます。

類型的なところでは残高スライド方式やリボルディング方法が取り入れられているみたいです。

かかる誰もがわかっているリボルディング払いですが本当を言うと勘定方法に様々な法といったものがあったりします。

それ故しかよう種類に応じて引き落し額が変わってしまうのですから知っていて損はないでしょう。

じゃあ簡単に2つの形式の違いを説明していきましょう。

はじめは元金均等払い、もう一つは元利均等払いというものです。

それぞれ読んで字のごとく、元金に関してを均一にして支払っていくのと元本と金利についてをあわせて一様に払っていく方式です。

今回は仮に10万円を借りたというふうに実際どのような計算をしていくのかみてみましょう。

利率は両方とも15%というように計算します。

それからリボ払の額は1万円と設定し考えます。

最初に元金均等払いです。

こんな折の最初の支払いは1万円に利子分1250円を計上した引き落としになります。

次の支払いについては1万円に金利分の1125円を加算した引き落としになります。

このようにして全部で10回にて引き落しを終えるといった方法になります。

他方、元利均等払いとは1度目の支払は1万円ですが元本に8750円、利率に1250円といった具合に割り振りをします。

次の支払については元金が8750円へと減った状態にて利息を算出してその1万円を再度割り振るのです。

要するに元利均等払いの事例は10回で支払が終わらない計算になってしまいます。

これだけの差異で二方がどれぐらい相違してるのかということが十分にわかってもらえたことと思います。

元利均等というのは元金均等と比較して、まぎれもなく元が減少していくのが遅くなっているというデメリットというのがあったりするのです。

要するに利率というものをおおく出すといったことになります。

一方では、初回の支払が些少な金額で落着するという長所もあったりします。

こういった支払方式に関してのずれに呼応して支払いトータルが異なってきますから自分の好みに合致した計画を取るようにしていきましょう。

100日間無利息のキャッシングはこちらです

3.5%~の低金利でアルバイトも可能!即日融資で審査の甘いキャッシング



PR