忍者ブログ

限度額が200万円までは所得証明は不要のカードローン

限度額が200万円までは所得証明は不要のカードローン

即日振込も可能な銀行系カードローン

借入に関しての引き落し方式というものはクレジットカード会社各個でかなりギャップというものがありまして、いろいな方法が採用されてます。

類型的には残高スライド法やリボ払法が多いみたいです。

斯様な誰でも聞いたことがあるリボ払ですが実を言うと算出におおくの法というものがあったりします。

ゆえにそういう形式により支払い合計金額が変わってしまうので知っておいて負担はないでしょう。

それでは易しくこの2つの方法のへだたりを説明しましょう。

一つ目は元金均等払い、次は元利均等払いです。

両者は読んで字のごとく元本についてを均分にして返済していくというのと元本と利息に関してあわせて一様に払っていこうという形式です。

この場ではもしや10万円借りたとして実際問題としていかなる算定をするのか試してみましょう。

利回りをいずれも15%と設定して算定します。

それからリボ払いの支払いは1万円と仮定し算定します。

まずは元金均等払いからいきましょう。

かくのごとき折の1回目の支払いについては1万円に対して利率分1250円を足した返済となります。

2回目の引き落しに関しては1万円に利子分の1125円を計上した支払額となります。

このようにして全10回にて支払いを済ませるといった方式です。

一方で元利均等払いというものは最初の引き落しについては1万円で元本へ8750円利息に1250円という感じで分配します。

2回目の支払いに関しては元本が8750円へと減った状態で金利を算定して、1万円から更にまた割り振りをします。

言い換えれば元利均等払いのケースでは10回で支払いが終了しないといった勘定になったりします。

これだけのずれで二者がどれほど変わっているのかご理解頂けたと思います。

元利均等というものは元金均等と比べて、顕然と元が縮小していくのが緩やかというウイークポイントというものがあります。

すなわち利息といったものを余計に支払うということになったりするのです。

一方では、1回の返済が些少な金額で落着するといった利点というものも存在するのです。

斯うした支払形式に関してのギャップに応じて、返済総額が相異なってきたりしますので自分の返済計画に合致する方法をするようにしてみてください。

他者借入3件以上でもOK!アルバイトでも借りれるキャッシング

信販系の審査の甘いカードローン

PR