忍者ブログ

スマートフォンで簡単に借りれる消費者金融

無金利期間のある借りやすい消費者金融

スマートフォンで簡単に借りれる消費者金融

ローンキャッシングしたケースは、支払う時には利子分を含めての支払いになるのは周知の事実です。

銀行又は金融機関は営利を狙いとした業者なのですから必然です。

ですがお金を支払う方は、わすかでも少なく返済したいと思うのが心中でしょう。

利息制限法が設けられる以前は年率30%近い利息を支払わされてましたが、定められてからは高利子でも年率18%位ととっても低く設けられているので、随分お得になったと思います。

最近のローンの利率の枠は4%位から18%位の枠が設定されていて、使用可能額により設けられます。

利用可能額は申込者の信用度によって決定されます。

総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、収入がどれほどあるのか?どのような仕事をしているのか?カードの利用状態はどうなのか?いろいろ見られ与信金額としてキャッシングの内容が決まることになります。

カードキャッシングの場合利用可能金額が10万円~800万円(各会社で金額は同じではありません)と広い幅があります。

そしてその幅の中で決定した利用できる金額により金利も決まるはずです。

50万円なら年率18%、300万円なら12%、800万円なら年4%といった流れになるはずです。

つまり、与信が高評価であれば、与信額も高くなり、利率も低くなります。

このことに疑問を覚えるのは私しだけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、それらの事実は当然なのかもしれませんが、収入の高い人がお金の借入れができないと困ると思えませんし、もしもキャッシングした時でも金利がどうであると支払いに悩む事はないでしょう。

反って年収の低い人はすぐさまお金が必要だからキャッシングするという人が大抵です。

利率が高いと返済に困るなるはずです。

ですので使用可能幅の良くない人こそ低金利で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これらは活用する立場としての考えとなります。

これらの事を考慮すると、利率を低くする為にはどうすれば良いのか漠然と分ったのではないでしょうか。

現実、これから記述方法で、申請する人がたくさんいるので紹介しますと、キャッシングサービスの申し込みをする時、年の収入の1/3ぎりぎりまで申込みの手続きをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で申込みのカード審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ利息が低いカードを持つことができるのです。

であっても限度額ギリギリまで使用しなければならないというわけではありません。

10万円でも20万円でも必要な分だけの利用可能です。

そのうえ最高利用可能範囲が300万円で最低利息年率7%位のローン業者もあるのです。

その金融会社に手続きを申し込めばその会社の最低利息で利用できるようになるはずです。

どうですか?やり方を変えるだけで低金利のキャッシングできるカードを手に入れることが出来るはずです。

自分の収入とローン会社の利息を比較し、調べる事に時間を掛ければ、より良い状態で返済ができるのですから、面倒だと思わず調査するようにしなければなりません。

24時間申込可能の当日融資の激甘審査のキャッシング

中堅の借りやすい消費者金融

PR